糖尿病

この様な方は要注意!!
√ 肌がカサカサするようになった
√ 手足が痺れる、足がつる
√ 傷の痛みに鈍感になった
√ 傷の治りが遅くなった
√ 化膿しやすくなった
√ 喉が良く渇く
√ 尿が臭うようになった

糖尿病は遺伝や感染症からなるⅠ型糖尿病と、食生活や喫煙などの生活習慣が主な原因となるⅡ型糖尿病があります。
厚生労働省の調査によると2015年の段階で糖尿病患者数は316万6,000人に及びます。
実に男性の15,5%、女性の9,8%が糖尿病の疑いがあります。
糖尿病が原因の死亡者数は1万3,000人を超えますし、糖尿病が悪化因子となり心臓疾患や脳疾患を煩う人も多いです。
糖尿病と聴くと、「食べ過ぎ」「精神病」「膵臓」という印象ですが、
果たして、その認識は正しいでしょうか?
はたまた、それだけの問題でしょうか?

糖尿病と肝機能

現代の糖尿病は、肝臓の疲労から!

40年前の日本でしたら、糖尿病は体質や単純な食べ過ぎが主な原因だと言えるかも知れません。
それは、「脳」も「内臓」も正常に働いていたので、膵臓が悲鳴を上げる一番の原因は、食べ過ぎ=「膵臓の酷使」だったからだと思います。

しかし、現在の日本の環境は大きく変わり、96%以上の人は肝臓が疲労しています。
肝臓は「情思・精神のバランスを整える役割があります。

食品添加物や農薬、重金属の蓄積による肝臓への直接的なダメージ。
過剰なストレスによる肝臓への間接的なダメージ。

肝機能が低下して情思の失調(精神不安定)となり、それが原因となり過食へと繋がります。
「単なる食べ過ぎ」ではなく、食べ過ぎになる背景を考えることが現代では重要だと考えています。
そう言った意味から、「糖尿病」=「膵臓」だけでなく、肝臓の働きにも注目し、治療をしていった方が良い結果が生まれます。

糖尿病を根本的に解決するなら肝臓の治療から!!

インシュリンやグルカゴン、コルチゾールなど血糖値と関係の深いホルモンは肝臓で合成されます。
あなたの糖尿は、①糖分の取り過ぎなのか?②膵臓疲労でインシュリンを分泌できないのか?③それとも肝臓でインシュリンの素が作られないために膵臓からインシュリンが出ないのか?
現代の糖尿病は基を辿れば、そのほとんどが「肝臓に起因する」と当院では考えています。

もし、③の場合なら、肝機能を正常にすればあなたの糖尿病は改善する可能性が十分にあります。当院では、投薬なしでHbA1c(ヘモグロビンA1c)が10.6から6.6まで改善した患者さんがいます。あなたも当院の治療で回復し、他の皆さんの手本となりませんか?

糖尿病リハビリは世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院!

人間は加齢と共に代謝率が落ちて来ますので、体内に取り入れられる糖分は分解がしにくくなるのは言うまでもありません。一般的に歳を取れば運動量は減って行きますので、人間の血糖値は加齢によって高くなる傾向にあるでしょう。これが進むと糖尿になりますが、実は発症メカニズムも複数のものがあることは意外に知られていないのです。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、糖尿病の症状改善対策も手技にてご提供させていただいています。
※当院では投薬無しに1年間の治療のみでヘモグロビンA1cを10、6から6、6に下げることに成功

糖尿病の発症パターンで非常に多いのは食べ過ぎや糖分の摂り過ぎによるものになりますが、これを引き起こしているのは人間の自律神経の乱れが非常に大きく関係していると言えるでしょう。つまり、イライラなどを起こしやすい環境が糖分の過剰摂取を引き起こす流れに繋がっています。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、糖尿病の症状改善も自律神経の機能正常化を頭蓋骨・首骨を中心に矯正を行って達成しているのです。

世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院は医療機関と連携して治療を進めることもできますので、今まで改善が難しかった症状も患者さまの現在の生活環境をしっかり考慮して改善に取り組ませていただきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top