生理痛

content_s500x350_月経痛_生理痛_の原因について知ろう_2
生理痛は「病名」ではなく「症状」です。

生理痛は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮筋腺症などと違い病名ではありません。痛みは自覚症状の一つです。

生理痛は無いのが普通!?

近頃では、生理痛のある人が増え、むしろ生理痛の無い人を捜すのが難しいくらいになってきました。
「私、生理痛は軽いの!」と自慢げに語る子もいますが、待ってください!
そもそも、生理痛は無いのが正常で当たり前なのです。少しでも痛いのは異常ですし、身体からの何かしらのサインです。
痛みとは、「ココの調子が悪いですよ」と教えてくれるサインの1つです。

例えば、子宮の血流量が慢性的に落ちてしまい、血流量を回復させるために脳が子宮内に炎症を起こさせ、痛みを発し、心拍数と拍出量を上げることもあるでしょう。

健康な状態の身体に「痛み」は必要ありません。「痛い」と言うことは、身体のどこかに不調があると言うことです。特に生理痛は子宮からのサインと見てよいでしょう。婦人科系に全く問題が無ければ、痛みを伴うことは通常では有り得ません。

なぜ生理痛が起きる?

西洋医学の観点から

体が痛みを感じる時に関係するのはヒスタミン・ブラジキニン・プロスタグランジン(PG)と言う発痛物質です。

生理周期の後期に子宮内膜からプロスタグランジンを分泌します。プロスタグランジンは、子宮の収縮を促して経血をスムーズに体外へ排泄する役割があるので、女性の月経には必要不可欠なホルモンです。

ただ、プロスタグランジンには痛みの閾値(感じるレベル)を下げて痛みを感じやすくさせる作用と炎症を起こす作用があります。月経前にはプロスタグランジンの分泌量は増えますが、何らかの理由により過剰に分泌すると、頭痛や吐き気、腰痛や腹痛などの症状が現れます。

そして、プロスタグランジンは体が冷えたり血流が滞ると分泌量が多くなると言われています。

東洋医学の観点から

「痛み」の原因は、①栄養が行き届かなくなり痛む場合と、②流れが悪くなり痛む場合に分けられます。

過度のダイエットや新型栄養失調により、細胞を養えなくなると通常の新陳代謝ではなく細胞の異常な破壊が起こり得ます。

特にミネラル・カルシュウムの不足により細胞は電子レベルで劣化し、老化を加速するでしょう。

血行障害の原因は様々です。
循環器(肺・心臓)の下垂や機能低下から回り回って子宮の圧迫や循環障害に至るケースも考えられます。

免疫力低下から、盲腸・上行結腸が腫れ、子宮を左側から圧迫し循環障害に至るケースも考えられます。

肝機能障害・肝機能の低下から、門脈の鬱血を起こし左下腹部の血行障害を起こし、左卵巣・子宮の循環障害に至るケースも考えられます。

胃腸が弱く、慢性的な猫背から内臓下垂を起こし、子宮を圧迫し循環障害に至るケースも考えられます。

その他にも無限に可能性は考えられますが、答えは「必ず患者さんの身体の中」にあります。

身体全部で一つの機能を成す!
東洋医学的観点とは、ミクロの世界観ではなく、マクロの世界観で診ることです。

生理痛の改善は世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院

女性にとって月経は女性としての健康を確かめる非常に重要なものですが、それと同時に毎月の不快感は人によって耐えがたいこともあります。最近は女性も社会進出が非常に目立ち、フルタイムで仕事を頑張る方も珍しくなくなりました。それに伴って、少しでも月経による不快感を楽にできればと言う女性の切実な思いは日に日に大きくなっているのです。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、生理痛の改善について様々な治療法で女性の患者さまをサポートいたします。

生理痛の改善について、最も効果的な治療として知られているのが骨盤の矯正になります。女性の骨盤は元々男性よりも広めで、それは大切な子宮を内部に格納しているからです。ところが、女性の骨盤は日常生活において意外に歪むことも多く、それによって子宮を圧迫することも頻繁に起こってしまうでしょう。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、生理痛の抜本的な解消を達成するために心地良い骨盤矯正をご提供しているのです。

世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院は、美容スタッフによる治療もプロのモデルによって進められます。(完全予約制、非常勤)当院では、キレイな健康を求める女性の患者さまの治療を効率的に行いますのでぜひお気軽にご予約ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top