耳鳴り

このような症状はありませんか?

az

√ よく風邪を引く

√ よく頭痛が起こる

√ 目が疲れる

√ 寝つきが悪い

√ 気持ちが晴れない

 

耳鳴りに悩む方は全国で300万人以上いると言われています。

耳鳴りは、疲れている時や寝不足の時、体調不良の時にも起こり得る症状です。すぐに治まるのであれば心配はないでしょう。しかし、耳鳴りが1日以上続いたり、突然激しい耳鳴りがしたり、何度もくり返し起きたり、耳鳴りが気になって日常生活に支障が出る場合は、一度耳鼻咽喉科の受診を検討しましょう。

 

「高音性耳鳴り」と「低音性耳鳴り」

耳鳴りの音には、キーンやピーッと甲高い音や、ジージーと蝉が鳴くような音など、実にたくさんの種類があり、高音と低音でも分類されます。キーーン、ピーッという高い音がするものは高音性耳鳴りに分類され、高音性耳鳴りを生じることが多い病気には、老人性難聴騒音性難聴などがあると言われています。

蝉の鳴くような低い音がしたり、耳が詰まったような感覚を伴うものは、低音性耳鳴りに分類されます。低音性耳鳴りは、高音性耳鳴りに比べて危険性が少ないものが多く、主な原因としては、ストレス気圧の急激な変化などが考えられます。

 

耳鳴りと言えば、内耳や中耳・三半規管の病気と思われがちですが、耳鼻科に受診しても多くの場合が「内耳や外耳・三半規管には異常なし」と診断されます。

では、どうして高音性耳鳴りや低音性耳鳴りがするのでしょうか?

 

耳鳴りと肝機能

高音性の耳鳴りは老人性(老化)、低音性は気圧の変動などに多いと言われていますが、臨床上は逆のことが多いです。

az

高音性は脳圧亢進のサイン

キーンッと言う高音性の耳鳴りは、脳脊髄液の循環が滞り、脳圧が亢進し蝸牛を圧迫しているか、蝸牛内のリンパが増え過ぎている時に多いです。

 

低音性は骨の歪み

ジージー言う蝉の鳴き声の様な低音性の耳鳴りは、老化現象や噛み合わせなど側頭骨の歪みによって引き起こされるケースが多いです。骨の歪みによって中耳がイビツな形になり、耳が塞がったような感覚になるのだと思います。

 

肝臓は循環を司る

肝臓は体液(血液・髄液)の循環にとても密接に関係しています。

詳しくはコチラ→http://自由が丘針灸.com/zutsuu

肝機能が低下すれば、頭は膨張します。

 

世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院で耳鳴り解消!

歳を取って行きますと、音に対して非常に神経質になるものです。特に多くなるのが、静かな場所であっても音が耳に入って来るような鳴りの状況と言えるでしょう。このような状況に陥る要因には実に色々なタイプがあるのですが、最も多い要因として側頭骨と顎の関節が歪んでいることによって、耳の内部で音の伝達を上手にコントロールしてくれている筋肉の機能が落ちることになります。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、針治療と手技によって耳鳴りを改善しているのです。

耳鳴りの改善は上述のように顎関節の矯正はもちろん、顔の骨のバランスを整えることも非常に効果的でしょう。このメカニズムを比較的早い時期に理解していれば良いのですが、加齢後に症状がかなり悪化してから気にし出す方がほとんどなので改善がしにくい場合も非常に多いのです。一般的には徐々に症状が現れれば発覚しやすいですが耳鳴りも突発性のタイプもあって、世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では症状によって医療機関での診療をオススメすることもあります。

世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院は各種の難治性の疾患の治療やリハビリにも対応していますので、医療機関で治療中の方・これから治療を進める方を問わずにぜひ一度お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top