肩こり まずは、ご覧下さい。
YouTube Preview Image

01



肩こりが治らないのは脳と内臓疲労が原因です

同じ肩こりでも、原因は様々です。

ですが、1つだけ断言できることは、もし肩の筋肉に原因があれば2〜4日寝ていれば治ります。

筋トレで僧帽筋や三角筋などの肩周りの筋肉を破壊しても通常は2日で回復します。

それが「治らない」ということは、考えられる原因は3つです。

肩こりが治らない、3つの理由

1、延髄からの反射

延髄

僧帽筋(肩こり筋)は延髄から出てくる脳神経に支配されています。

自律神経中枢と僧帽筋は共に延髄がコントロールします。

自律神経失調症の人に「肩こり」が多いのもそのためでしょう。

そのため、いくら首や肩をほぐしても筋肉はすぐにまた固くなります。

2、内臓からの反射

女性に多いの肩こりは、骨盤内臓器、子宮・卵巣など下腹部の反射で肩こりや痛みが出ます。

婦人科疾患でお悩みの方に「肩こり」が多いのは納得がいきます。

そのため、いくら肩を揉んでも肩こりは解消しません。

3、呼吸・循環器の問題


喘息や心臓の弱い方は、横隔膜や肋間筋が固くなり、

呼吸補助筋の首や肩の筋肉を使い過ぎるために慢性疲労を起こします。

呼吸は、1日2万回以上行います。

つまり、横隔膜や肋間筋が使えないと首や肩の筋肉を1日2万回余計に使うということです。

肩の筋肉は「2日で治る」と言いましたが、毎日2万回も余計に使えば当然治る前に壊れ続けます。

肩こりの解消は世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院

日本人にとって永遠の悩みとも言うべき肩のこりですが、何事も我慢強く物事を進める日本人だからこそ頻発する症状と言えるでしょう。この肩のこりの発症要因のほとんどは、肩周辺の筋肉組織における血行の悪化になります。

本来筋肉健康維持に必要な酸素や栄養分などを取り込めない他、こりを引き起こす成分も発散できないことで不快感を常に覚え続けているのです。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では肩こりの解消も手技でしっかりと進めます。

肩こりの解消には肩もみがいつの時代でも効果的であると思われているようですが、実際においてそれだけでは決して抜本的解消もできないようです。それは血行が悪化している要因が、背骨や肩の骨の歪みに大きく起因しているからです。また、骨格が歪む原因が【脳や内臓の疲労からくる反射】の場合も多く、この歪みの根本を解消せずに肩もみだけを進めても血液をより一層肩に閉じ込めてしまいかねません。

世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院では、血管を押さえつけている骨格を解放してやることで血行を一気に改善して肩こりを解消するのです。世田谷区・奥沢・自由が丘駅のきくち針灸院は一時的な症状改善は無意味だと考えていますので、患者さまの健康状態・症状をしっかりとヒアリングして治療に生かして行きます。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top