ブログ

2019/06/17

梅雨の薬膳素材で体の湿気をふっとばそう!

今回は珍しく簡単な食事療法・薬膳についてお伝えいたしますー。(はあーい。料理、得意ではありませんー🎶)

食事療法には四季、季節によって、食事の内容を変えて体の調子を整える方法があります。いわゆる「薬膳」と呼ばれるものです。中国、韓国、台湾などに旅行に行くと、薬膳料理が旅行のコースに入っていることもあるようです。

下の写真は何年か前に台湾旅行へ行った時にコース料理で出てきた一品です。頼んだつもりもなくコースだから入っていたというシロモノでした。飲んでみると「むむムムム…?!!??」微妙な味で何味か分からないし説明もできません。とにかく食べたことのないスープの味です。お店の人に「これ何ですか?」聞いてみたらニッコリ笑ってくれて中国語で何かは話してくれましたが、モチロン私は理解できません。器の中に鶏肉?らしきものが入っていて、微妙にお茶っぽい感じもするしでも違うし、漢方薬の味が一番近いかなあ?ただ、この日疲れていた私はレストランに行くだけでもグッタリでグロッキーな状態でした。それがこの謎の汁を飲んでしばらくしたら…「あれ?何だか色々食べたい気持ちが高まってきたよ!とりあえずこの汁と食べられそうな具を食べてしまおー!」という状態になり、食事の後にはいくつものお土産屋さんをのぞいて廻るほど元気になってしまいました。美味しいかどうか別として恐るべし薬膳スープ。

 

IMG-1256-1

 

この薬膳料理は本来、季節と個人個人の体質、体調や状態によって食事の内容を変えていくものです。調理法の種類と使用する材料も季節と個人の体調で変わっていきます。薬膳料理というと何やら難しい感じがしますが、ご安心ください!いつものスーパーで賄える食材で十分作ることができます。今回は「梅雨」という季節と梅雨に体調が崩れやすい方、症状が出やすい方に焦点をあてての薬膳食材をお伝えしたいと思います。この季節に次のような症状はありませんか?

 

・体、特に下半身が重く、動かしにくいような方。

・節々の痛みが出てくる方。

・顔や体にむくみが多い方。

・皮膚にジクジクとした湿疹が出やすい方。

 

日本の梅雨は高温多湿でムシムシ暑い日が多いです。気温も湿度も安定しません。汗をかくことで水分を外に発散させにくい季節で水分が体内に溜まってしまうのです。体調が優れない方はムシムシとした湿気で、毛穴が塞がって熱がこもったようになってしまう方もいます。ジメジメとした雨で蒸し暑いのに、雨に濡れた衣服や足下からジワジワひんやりとした冷たさが体の中に侵入してきます…!!!この季節は、お家の中も巷にも湿気がたまりやすい季節ですが、実は体の中にも湿気(余分な水分)が溜まってしまう季節です。個人差はありますが、体の中の湿気とこもった熱、そして侵入してきた冷えを、毎日の食事で吹っ飛ばしたいものです。

 

【梅雨のセルフケア食事編 その1】

むくみ解消!!!と熱の発散にこの食材

 

はと麦

 

水分代謝を高めます。イボや湿疹にも効果的といわれ、肌を綺麗にする作用があります。自然食品店のお茶を買ってきて湧かして飲むのもいいですね。香りが香ばしくて個人的に好きです。

 

とうもろこしのヒゲとトウモロコシ

 

とうもろこしのヒゲは利尿作用と泌尿器系の病気にも良い作用を及ぼすと言われています。これも最近はお茶のパックを売っているのを見かけます。お茶が簡単でいいですよね〜。皆さんもご存知でしょうが韓国ではポピュラーなお茶みたいで、お土産に頂いたこともあります。

今の季節はとうもろこしの旬!!を迎えています。今ならスーパーでもお安く購入できますね。ヒゲ付き皮つきがスーパーに売っています。これを洗って乾かして、ひげ茶を作る?と思った事はありますが、まだ実行には移していません。手間はあれど意外と簡単なようです。とりあえず、とうもろこしだけちょっと茹でて塩を軽く振って、そのまま食べちゃいます。料理にはサラダでもスープでもハンバーグに入れても美味しいです。

 

冬 瓜(とうがん)

 

水分代謝を高めます。利尿効果によって体のなかに溜まった余分な水分を排出します。

熱を冷ます性質があります。

 

はと麦サラダ

 

はと麦を朝からお水に浸しておいて、夕食時のサラダと和えるとモチモチの食感があります。

はと麦とレンズ豆鶏肉のスープ

はと麦は同上で、レンズ豆はすぐ火が通ります。鶏肉は炒めたりしないで、手羽元とかでスープを作ると出汁もでます。

 

冬瓜とはと麦の煮物・ダブルの効果!

 

瓜類(きゅうり・冬瓜・すいか)貝類・白身魚・あずきなど。

 

身体の中の余分な水分を排出〜〜〜🎶瓜科の野菜を使って、体の中にこもった熱を冷ますことができます。スイカは実の部分よりも、白いところむくみ解消効果が高いです。是非、おつけものにトライしてみて下さい。貝類は豊富なアミノ酸があり亜鉛も沢山含んでいます。日々のストレスや食品添加物、化学物質、アルコールで疲労した肝臓にも効果は抜群です。簡単にお味噌汁で行くと発酵食品である、お味噌の発酵食品も取れます。そして、脂身の少ない、白身魚でタンパク質をしっかり摂取しましょう。あずきはムクミの解消に効果的です。お砂糖を取らないよう和菓子ではなく、料理やお茶で摂取すると良いですね。

 

調理法

蒸す・茹でる・煮込む・和える、塩分や炒め物は控えめに。

スーパーで購入出来る素材で、ムシムシの湿気を吹っ飛ばしましょう!!!

 

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きくち針灸院の特徴

1、中医学(中国古来からある伝統医学)をベースにしている『鍼灸治療』
2、現代社会の問題にフォーカスした『内臓クラニアルテクニック(頭蓋骨・内臓調整』
3、細胞レベルで原因を追及する『分子栄養学』

この3つの治療法を取り入れた〝とっても珍しい治療院〟

この治療理念、治療方法は日本中探してもたぶん当院だけだと思います。
「どこに行っても治らない・・・」
諦めかけていたあなたにこそ、きっとお役に立てると思います。

世田谷区・目黒区・大田区からご来院の方が多いですが、
大井町線:二子玉川、上野毛、等々力、尾山台、九品仏、自由が丘、緑が丘、大岡山、北千束
東急東横線:中目黒、学芸大学、都立大学、自由が丘、田園調布、多摩川、新丸子、元住吉、日吉
目黒線:奥沢、大岡山、洗足、西小山、武蔵小山、目黒
田園都市線:渋谷、三軒茶屋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川、溝の口
などは、当院から電車で30分圏内と通院には大変便利な立地です。

ぜひ一度、いらしてみてください。
あなたに合える日を楽しみにお待ちしています。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top