ブログ

2019/03/27

食物アレルギー・何か?(醤油・魚ETC)を食べると口・喉が腫れる

【食物アレルギー個人的経験】

 

皆さんは食べ物を口にした途端に口が痒くなったり、腫れたりした事はありませんか?

私は物心ついたころから、特定のものを食べると唇が痒くなり、その後には唇がぽってり腫れる事が沢山ありました。

ひどい時には、耳の奥もむず痒くなり、喉の奥も痒くいてもたってもいられませんが、もちろん手を突っ込んで掻く事はできません(T T)

その特定の食べ物とは、魚・魚・魚…全般で白身、青魚、関係ありません。口にしたら何のセンサーかわかりませんが即効で反応します。

高校生くらいまでは、魚のみならず、エビやカニ等魚介類全般がダメでした。お醤油も唇や皮膚につくと痒くなる、お肉や牛乳・卵は食べても

何にも感じませんが、血液検査では必ずひっかかる。

 

そして産まれて一度も食べた事のない食べ物は蕎麦(ソバ)。

知らずに口にした年越しそばの余った汁を使ったお雑煮を食べても、そばまんじゅうとは知らずに一口くちにいれただけで、

「ぬふぁに?こへえ?訳:何?これ?」と口が腫れ喉の奥が痒くなり、喉が閉まってきます。

何しろ、乳幼児からのアトピー性皮膚炎で触るものみな反応するような感じだったそうです。

親は昼も夜も眠らず、泣いて体中掻きむしる私になすすべもなく、苦労した話しを聞きました。

中年になった今でも、体調の悪い時に魚介類を食べると口が痒くもなりますし、ひどい時には声が出なくなります。

気道まで狭まってしまうんですね。

 

でも、目の前で「美味しい、美味しい♪」と食べている人を見ると、「じゃあ、ちょっとだけ♪」となるのが人情です。

これが、日々の体調で食べても平気だったり、即効で拒絶反応が出たり、長年付き合っている体ながら反応が様々で

自分の体には振り回されている気持ちで一杯でした。

 

【食物を食べてアレルギー反応がでた時の対処法】

 

上記に記した症状はアレルギーが原因で皮膚・呼吸器・消化器などに症状が現れる「アナフィラキシーショック」と呼ばれるものです。

ひどい時には血圧低下などの強い症状を引き起こします。これらの症状は急速に進行するのが特徴的です。

喉や気管支に症状が出て、声がかすれて出なくなる、飲み込みずらくなる、咳き込む・ヒューヒュー・ゼイゼイ様々な音がするようになるのは

呼吸困難を伴っていることになります。気管支や気道が狭くなっている証拠です。速やかな対応が必要になります。

救急車を呼ぶことも、頭に入れておいてくださいね!

 

そして、意外な事にあまり心配がないのは、皮膚や粘膜(まぶたや唇)が腫れたり、ふくらんだりしたときです。

見た目は派手ですが、呼吸器系に症状が出たときほどではありません。

安静にして、冷やしたり、呼吸器に症状が出ないかを観察してどうするか判断します。腫れが引いてくるようなら一安心といった所でしょうか。

 

【リーキーガット症候群・腸漏れ症候群】

 

きくち針灸院で働き始じめて良く聞く言葉に「リーキーガット症候群」という症状があります。

「腸漏れ症候群」とも言って、腸管の粘膜に穴が空いてしまい、未消化の食べ物が入ってきて、アレルギーや自己免疫疾患を起こしてしまいます。

「え〜???腸じゃないよ、口が腫れるんだよね?」

とお思いの方、そう口なんです。口って粘膜なんですよ。唇から口の中食道を通って、胃・小腸・大腸・直腸・肛門まで1つの管なんです。

かなり大雑把に捉えてのお話しですが同じ粘膜の壁が口から肛門まで続いているんですね。

「ちくわ」食べ物です。これを想像して頂ければわかりやすいかなと、思います。

唇が荒れやすい方や口の端が切れやすい方は胃が弱いなんて、昔の人は言ったものですが、胃もですけど、もしかしたら腸にも問題があるのかもしれません。

肌荒れや唇の荒れや口内炎にお悩みの方は、お腹(胃・腸)に目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きくち針灸院の特徴

1、中医学(中国古来からある伝統医学)をベースにしている『鍼灸治療』
2、現代社会の問題にフォーカスした『内臓クラニアルテクニック(頭蓋骨・内臓調整』
3、細胞レベルで原因を追及する『分子栄養学』

この3つの治療法を取り入れた〝とっても珍しい治療院〟

この治療理念、治療方法は日本中探してもたぶん当院だけだと思います。
「どこに行っても治らない・・・」
諦めかけていたあなたにこそ、きっとお役に立てると思います。

世田谷区・目黒区・大田区からご来院の方が多いですが、
大井町線:二子玉川、上野毛、等々力、尾山台、九品仏、自由が丘、緑が丘、大岡山、北千束
東急東横線:中目黒、学芸大学、都立大学、自由が丘、田園調布、多摩川、新丸子、元住吉、日吉
目黒線:奥沢、大岡山、洗足、西小山、武蔵小山、目黒
田園都市線:渋谷、三軒茶屋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川、溝の口
などは、当院から電車で30分圏内と通院には大変便利な立地です。

ぜひ一度、いらしてみてください。
あなたに合える日を楽しみにお待ちしています。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top