ブログ

2018/03/21

「糖質制限は危険!」は本当? 糖質制限をやってはいけない人とは・・・

麺

 

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットは、その名前の通り「糖質」=「炭水化物」の摂取を極限まで抑えるというダイエット方法で「低炭水化物ダイエット」「ローカーボダイエット」などと呼ばれています。

 

 

イギリスの医師、ロバート・アトキンス氏が考案、提唱したダイエット方法で、一般的に1日に200~300g摂取する炭水化物を20~40gに制限します。

 

 

炭水化物を制限すると血糖値が低下するため、人間の体内では肝臓でタンパク質を糖に変える糖新生が起きたり、脂肪が分解されたケトン体をエネルギーとして使うようになると言われています。このように、糖質の代わりに脂肪をエネルギーとして使わせるようにすることで減量を行う、というのが基本的な理論です。

 

 

ごはんやパン、イモ類などの炭水化物。果物、お菓子類など糖分の多い食物を摂らないように制限します。その代わり、おかずや野菜は無制限に食べてOK、というのが基本ルールです。

 

 

賛否両論!糖質制限ダイエットは危険?

科学誌「PLOS ONE」に発表された厚生労働省の研究班の調査結果では、炭水化物の摂取が長期に渡って少ない人は、多い人よりも死亡率が高まる可能性があると発表しています。

 

基本的に炭水化物は「三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)」の1つであり、健康を維持する上で適切な摂取が求められます。その炭水化物を極端に制限するダイエット法である炭水化物抜きダイエットは、栄養学的には決して勧められるものではないそうです。でもここにはちょっとした秘密が・・・

 

糖質制限ダイエットが向いていない人

糖質制限ダイエットが向いていない人とは。

そもそも糖質しかエネルギー源にできない人です!

 

 

上記の理論でも言っているように、糖質制限をすると、タンパク質や脂質をエネルギー源として使い始めるのですが、タンパク質も脂質もミトコンドリアが活性化していないとエネルギー源として使えません。

 

 

そもそも、

「疲れやすい人」や「何かの疾患を持っている人」のミトコンドリアは基本的に非活性です。

そういった人は本来糖質しかエネルギー源として使えません。

 

 

こういう人が糖質を制限してしまえば、体力のない人はたちまち生命力が低下するのは当たり前ですよね?

逆に、遺伝子レベルでタンパク質をエネルギーに変換しやすい人もいます。

こういう人は糖質制限をしても何ともなく元気に過ごせています。

 

 

糖質制限をすると頭痛がする。目眩いがする。イライラする。など

低血糖発作が起きやすい人には向きません。

 

 

じゃあ、

低血糖発作を起こし易い人は糖質制限が全くできないのかと言うとそうでもないんです。

 

 

私自身は低血糖発作を起こし易かったタイプなのですが、今は糖質制限をしても低血糖発作はほとんど起こしません。

それにはある秘密があるんです!

 

糖質制限を安全に行なう方法

前途の通り、糖質制限をしたら、同時にミトコンドリアを活性化させ、タンパク質と脂質をエネルギー転換できるようにしましょう。

ミトコンドリアを動かすには、ビタミンとミネラルが大量に必要です。

 

 

なので、

サプリメントでしっかりと栄養素を補いつつ糖質制限を行うことをお勧めします。

特にビタミンB群と鉄、マグネシウムやカルシュウムは大事です。

 

 

糖質だけカットすれば良い!のではなく、身体の仕組みを知ることが必要です。

また、何事も程々に!!

やり過ぎは食事療法に限らず健康を害します。

 

 

一部だけを切り取って良いの悪いのというのはプロとしてはナンセンスだと思います。

なぜ、ダメなのか?

なぜ、寿命が縮むのか?

全てはバランスであり、メリットもデメりットもあります。

 

 

テレビやネットの情報に踊らされるのではなく、

ことの本質を見抜く力が必要になってくると思います。

 

 

合っている/間違っているは、その人の主観によって決まります。

誰かがそう言ったから ではなく あなたはどう思うのか?

それを考える切っ掛けになれたら幸いです。

 

 

その上で、疑問などありましたらどんどん聞いてください!

私の私見で良ければお答えします。

 

 

今日も最後までお読み頂き有り難うございました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きくち針灸院の特徴

1、中医学(中国古来からある伝統医学)をベースにしている『鍼灸治療』
2、現代社会の問題にフォーカスした『内臓クラニアルテクニック(頭蓋骨・内臓調整』
3、細胞レベルで原因を追及する『分子栄養学』

この3つの治療法を取り入れた〝とっても珍しい治療院〟

この治療理念、治療方法は日本中探してもたぶん当院だけだと思います。
「どこに行っても治らない・・・」
諦めかけていたあなたにこそ、きっとお役に立てると思います。

世田谷区・目黒区・大田区からご来院の方が多いですが、
大井町線:二子玉川、上野毛、等々力、尾山台、九品仏、自由が丘、緑が丘、大岡山、北千束
東急東横線:中目黒、学芸大学、都立大学、自由が丘、田園調布、多摩川、新丸子、元住吉、日吉
目黒線:奥沢、大岡山、洗足、西小山、武蔵小山、目黒
田園都市線:渋谷、三軒茶屋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川、溝の口
などは、当院から電車で30分圏内と通院には大変便利な立地です。

ぜひ一度、いらしてみてください。
あなたに合える日を楽しみにお待ちしています。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top