ブログ

2018/03/19

糖質制限、玄米菜食、ケトン食、ゲルソン療法・・・一体どれが良いの?

trouble-mincho-012

 

 糖質制限ダイエットでは『NG』な食品が、玄米菜食では推奨されている・・・

 玄米菜食では『NG』な食品が、ケトン食では『OK』・・・

 ゲルソン療法推奨の人参リンゴジュースは糖質制限では『NG』・・・

 本当は何を食べたら良くて、何を食べたらいけないの?

 

trouble-mincho-004

 

まず、そもそも『糖質制限』と『玄米菜食』、『ケトン食』、『ゲルソン療法』は何をしたいのか?

それを知ることで、上記のお悩みは解決します!

 

では、(私が思う)糖質制限の意味合いからお伝えしていきますね。

 

糖質制限の目的とは?

 

糖質制限の目的は、当たり前ですけど糖質カットです。

 

 

なぜ、糖質カットなのか?

それは、「糖質過多が細胞の劣化に繋がるから」という理論です。

 

 

①糖質過多→②細胞の糖化→③酸化→④癌化

 

 

だから「糖質をカットしよう!」という訳ですね。

なので、糖質制限ではトランス脂肪酸たっぷりの唐揚げや添加物てんこ盛りのハンバーグなどは好き放題食べられます。

逆にオーガニックでも芋をはじめ、根菜類はNG食材となってしまいます。

 

 

どちらが身体に良いかという話しではなく、どこに注目しているのか?という話しですね。

では、次に玄米菜食についてお話しします。

 

玄米菜食の目的とは?

玄米菜食

 

玄米菜食をする目的は、ファイトケミカル・ビタミン・ミネラルを摂取すること。

動物性食品(獣肉)の摂取を控え、解毒や抗酸化に集中させること。

 

 

玄米菜食では、これらのフィトケミカルが汚れた体にうまく作用するのだという。

また、植物性食品にはビタミンCが多く含まれているため、抗癌作用なども働くことだろうということ。

こうした薬理作用により癌患者は奇跡の回復をとげる可能性があるのです。

 

 

①ファイトケミカル→②抗酸化→③抗ガン作用など

 

 

だから、獣肉などの酸性食品を避け、野菜中心の食事をすると言う訳ですね。

なので、サツマイモやカボチャ、人参、牛蒡などは食べられます。

逆に、グラスフェッド(牧草飼育)の牛肉でも獣肉はほぼNGです。(たぶん)

 

次はケトン食についてお伝えします。

 

 

ケトン食の目的とは?

 

ケトン食の目的は、ケトン体の産生です。

※ケトン食とは、糖質制限+高脂質食のことです。

※グルコース(糖質)を摂るとケトン体は出ません。

 

 

なぜ、ケトン体なのか?

それは、「癌細胞はブドウ糖しか栄養にできず、ケトン体は癌細胞を秤量攻めにする」ということです。

 

 

低糖質・高脂肪食kケトン食k

 

 

①脂質→②β酸化→③ケトン体の産生→④抗老化・癌抑制

 

 

ケトン体には抗酸化作用がある!だから「糖質を減らして脂質をたくさん摂ろう!」という訳ですね。

 

 

ちなみに、ケトン体を作るには良質な油が必要です。

なので、ケトン食ではトランス脂肪酸たっぷりのマーガリンや揚げ物などは食べられません。

ココナッツオイルやオリーブオイル、オメガ3系はたくさん摂りましょう。

 

 

逆に抗酸化作用があっても人参リンゴジュースは飲めません。

 

 

次は人参リンゴジュースで有名なゲルソン療法についてお伝えします。

 

ゲルソン療法の目的とは?

 

ゲルソン療法の最大のポイントは、人間の持つ自然治癒力を高めること。
しかしゲルソン療法では多くのビタミンを摂取するために果物や生野菜で作った大量のジュース(1日に300ml程を4~13杯)を飲んだり、塩分・脂肪・動物性タンパク質の摂取を禁止する厳しい制限があったりと継続することが難しいともいわれています。

 

 

 

イメージとしては玄米菜食に近い感じでしょうか。

しかし、大変なのは厳格なゲルソン療法では10種類くらいの食品しか食べられないものもありました。

末期癌で余命3ヶ月とか言われたら、残りの3ヶ月をこの食事療法に賭けるのはなかなか勇気がいりますね・・・。

 

以上

〜まとめ〜

①各食事制限には目的がある!

  1. 糖質制限は、糖化を防ぐのが目的!
  2. 玄米菜食とゲルソン療法は、抗酸化が目的!
  3. ケトン食はミトコンドリア活性が目的!

 

②「どれが良い?」ではなく、「今のあなたには何が必要なのか?」

もし、今のあなたに「抗酸化」が必要であれば、糖質制限よりもゲルソン療法や玄米菜食の方が適切かも知れません。

 

個人的には、全ての病気の元凶は「ミトコンドリア機能の低下」だと思っているので、ケトン食をお勧めします。

 

そして、あなたもお気づきかも知れませんが、各食事制限にはメリットだけでなくデメリットもあります。

そちらについても今後お伝えしていきたいと思います。が、今日はこの辺りで!

 

最後までお読み頂き有り難うございました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きくち針灸院の特徴

1、中医学(中国古来からある伝統医学)をベースにしている『鍼灸治療』
2、現代社会の問題にフォーカスした『内臓クラニアルテクニック(頭蓋骨・内臓調整』
3、細胞レベルで原因を追及する『分子栄養学』

この3つの治療法を取り入れた〝とっても珍しい治療院〟

この治療理念、治療方法は日本中探してもたぶん当院だけだと思います。

 

「どこに行っても治らない・・・」
諦めかけていたあなたにこそ、きっとお役に立てると思います。

世田谷区・目黒区・大田区からご来院の方が多いですが、
大井町線:二子玉川、上野毛、等々力、尾山台、九品仏、自由が丘、緑が丘、大岡山、北千束
東急東横線:中目黒、学芸大学、都立大学、自由が丘、田園調布、多摩川、新丸子、元住吉、日吉
目黒線:奥沢、大岡山、洗足、西小山、武蔵小山、目黒
田園都市線:渋谷、三軒茶屋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川、溝の口
などは、当院から電車で30分圏内と通院には大変便利な立地です。

 

 

ぜひ一度、いらしてみてください。
あなたに合える日を楽しみにお待ちしています。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top