ブログ

2016/07/14

頭痛|緊張型頭痛|なぜ治らない? 世田谷区|自由が丘|奥沢のきくち針灸院

不通即通=通じざれば即ち痛む。

要は「循環が悪いと痛むよ!」と言ったものです。それでは、「頭痛」に関連する体内の循環には何種類あるでしょうか?

「【血液循環とリンパ液の循環】の2種類は知ってるよ」

 

実はもう一つ、最も重要な体液 髄液の循環 があります。

 

この髄液循環がとても重要で、脳脊髄液は脳や神経系に栄養を与え、老廃物を回収する役割があります。

神経は人体で最も栄養と酸素、水を必要とする細胞です。その水とは脳脊髄液のことで、髄液循環が悪いと脳・神経は滋養されません。そして、水を飲んでも髄液の循環が良くなるわけではありません。

 

髄液の循環を促すには、頭蓋骨を返し硬膜に直接アプローチできる「クラニアルテクニック」が最も優れていると思います。

 

筋肉をマッサージして動くのは主に血液です。強く押すとリンパ管は皮下5mmほどのところにあるので潰れてしまい、マッサージではあまりリンパの流れは良くなりません。

リンパ液及びリンパ管にはリンパドレナージュなどで施術します。

 

ただ、どちらも髄液の循環を操作するのは難しいでしょう。(できる先生もいます)

 

通常の筋肉を対象とした施術(マッサージや針)で改善しない場合には、髄液循環に問題があるのかも知れません。

どこに行っても 完治しない/頭痛を繰り返す 時には【脳脊髄液の循環】のことを思い出してください。

 

〜補足〜

慢性頭痛の恐いところは、しょっちゅう痛くなるので痛いことに慣れることです。

そして、鎮痛剤を飲むことが習慣化し、痛くなければ良い!となり、その本質に気を止めなくなるところが危ないと思います。

現に、20代女性でもただの頭痛と思い、鎮痛剤を飲み続けた結果、脳出血で亡くなったケースもあります。

 

もちろん薬が全て悪い訳ではありません。仕事でどうしても休めない・・・そんな時は私も薬を使うことはあります。ただ、治るわけではありません。医師も言っていましたが、薬を飲めば治るわけではなく〝症状が抑えられるだけだ〟ということはよ〜く肝に銘じておいた方が良いと思います。

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top