ブログ

2016/07/15

世田谷区|自由が丘・奥沢周辺で片頭痛(偏頭痛)でお困りの方へ

みなさん、おはようございます。

「雨が降ると頭が痛い」という方が少なくありません。

PAK78_amenosibuya20141220150640_TP_V

OZP73_atamagawareruyouniitai20130707_TP_V

 

特に気圧の変化に影響を受けるのが【片頭痛(偏頭痛)】ではないでしょうか?

今回から何回かにわたり、一次性頭痛の中の頭痛についてお伝えしていきます。

 

【片頭痛ってどうしてなるの?】

片頭痛は、脳の血管が過度に拡張して生じるものです。血管が拡張する原因の1つに神経伝達物質のセロトニンがあります。血管を収縮させる働きがあるセロトニ ンが、なんらかの理由で過剰に放出され、血管を収縮させます。その後、一度収縮した血管が急激に拡張することで片頭痛が発症するといわれています。

 

 

もう一つの原因は、三叉神経でしょう。三叉神経は、顔面や頭皮、口の中の粘膜、歯の感覚などを支配している知覚神経です。なんらかの刺激で三叉神経が興奮することにより、血管を拡張させる働きのあるプロスタグランジンなどの神経伝達物質が分泌されます。これによっ て血管が拡張したり、拡張に伴う炎症が神経を刺激して、片頭痛が起こるとされています。

 

 

片頭痛が生じる背景には、あたまから肩背中にかけての筋緊張もあります。デスクワークが多かったり、これから夏に向かうとエアコンの冷えにより、首・肩の筋肉は緊張したままにな り、血流が悪くなります。

 

20160602102537454

この慢性化した血行障害が片頭痛の原因となります。

 

 

どの頭痛にも共通して言えることは、「血液・リンパ液・髄液の循環不全を解消する」ことが重要となります。

次回は、「頭痛と循環」についてお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●プライベートプロフィール

菊池 則公ってどんな人?

 

東京都 大田区育ち

 

身内が病弱だったことをきっかけに、

内科疾患を専門とする針治療を勉強して13年

 

沢山の先生方と知り合い、治療を診させて頂く中で、

医学的にも「針治療で内科疾患は改善する」こと知りました

 

世間一般的には、内科疾患=病院へ行くしかない と思っているので

患者さんをはじめ、全国の治療家へ「針治療の可能性」を伝え

治療方法の選択肢を増やせるように日々努めます

_P0A2035

●志命

・「健康の価値観の共有」

・「医療に依存しない」環境作り

・「病気と診断されてから治療を受ける」から

「病気になる前に気づける」感覚を伝えていく

・鍼灸の可能性を日本中に伝えていく

_P0A1930

_P0A2027

●資格

・はりきゅう師

 

●お問い合わせ

・mail : kikuchishinkyuin@gmail.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top