ブログ

2017/02/22

過酸化脂質(悪質な油)と副腎疲労と頭痛の意外な関係性とは?

過酸化脂質が副腎疲労と頭痛の原因

当院にいらっしゃった『片頭痛』が主訴の方をモデルに

過酸化脂質が副腎疲労・頭痛の原因となりうる可能性についてお伝えします。

 

検証

 

『過酸化脂質』が『副腎疲労』を起こす理由

今回注目するのは【ビタミンC】です。

 

【過酸化脂質】

細胞膜の油分と反応して生まれるのが過酸化脂質です。

過酸化脂質は、油の中のフリーラジカルで
細胞膜を連鎖的に、次々に酸化して壊してしまいます。

これが肌で起これば、アトピー性皮膚炎

子宮内で起これば、子宮内膜症や不妊症の原因になる可能性はあります。

身体はそうなっては困ります。

生体は防御反応として、過酸化脂質を還元しようとします。

過酸化脂質を還元する時に必要なものが、

「βカロチン」と「ポリフェノール」、「ビタミンE」と「ビタミンC」です。

つまり、身体が錆びれば錆びるほど『ビタミンC』は失われます。

【副腎疲労】

副腎疲労に特に関わるのはビタミンCとビタミンB群です。

血中を「1」とすると、脳は血液中の「20倍」、白血球は「80倍」、副腎には「150倍」の濃度のビタミンCが含まれています。

ビタミンCが多く含まれる臓器はそれだけビタミンCが必要であることを示しています。

体内でビタミンC濃度が一番高いのは副腎(血中濃度の150倍)です。

ビタミンCは副腎ホルモンの産生に不可欠であり、

ビタミンCの不足は副腎機能の低下を引き起こします。

 

 

fukujin v

副腎疲労が頭痛を引き起こす

【片頭痛】は自律神経の乱れが原因です。

特に、ホルモンバランスの崩れから自律神経を乱す方が多いです。

 

ホルモンバランスと聞くと、女性ホルモンと思いがちですが、

女性ホルモンが乱れる前に、副腎皮質ホルモンの問題が出ます。

 

【過酸化脂質と副因疲労と片頭痛】

①過酸化脂質の増大によってビタミンCが失われます。

②ビタミンCの不足は副腎機能の低下を引き起こします。

③慢性的な副腎疲労が起こり、

結果として片頭痛という症状で身体に異常を訴えます。

 

あなたの片頭痛(頭痛)は

ポテトチップスやフライドポテト、揚げ物などの錆びた油(過酸化脂質)が原因かも知れません。

 

一度、食生活も見直してみては如何でしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
きくち針灸院

http://xn--v8jy01gksxd7dj7sbsw.com/
住所:〒158-0083 東京都世田谷区
奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
TEL:09055896903
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top