自由が丘 鍼灸 ヘルモア
trouble-gothic-015
 治療を始めたらリバウンド!! これって良い事なのか分からない・・・。
 治療院へ通っても完治・安定しない。これって良くなっているの?
 不眠・寒気・大量の寝汗・全身の炎症・浮腫み・痙攣。これって何なの?
 ステロイド剤でも効かなくなった。どうしたら良いの?
 不眠が続き、睡眠薬を貰ったが、使い続けるのが不安・・・。
trouble-gothic-010
辛いですよね。
でも、もう大丈夫ですよ。
あなたと同じアトピー性皮膚炎で悩んでいた人が当院の施術で改善されております。
まずは当院の施術を受けてアトピー性皮膚炎が改善された喜びの声をご覧下さい。
アトピーIMG_7841

※効果を保証するものではありません。


アトピー性皮膚炎が改善されたお客様の喜びの声

入園式に綺麗な肌で参加できました!

年明けにはあんなひどい肌の状態になって、入園式までに良くなればいいなと思っていた望みが叶いました!
見比べると、こんなだったのに、よく戻ってきたと体に感謝です。
ご指導いただいた先生にも感謝しかありません。
まだ以前のようではありませんが、これが今の自分だと思ってさらに良くなっていきたいです。
本当にきくち先生のおかげです。ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません。
※写真を載せたいところですが、個人情報のため、HPに掲載は控えさせて頂きます。

この方は、4ヶ月で寛解させたいという希望をもって来院されました。
本来、この方のケースほど状態が酷いと寛解まで通常では2年ほど掛かると思います。
ですが、どうしても「入園式に間に合いたい!」という強い意志をもっておられました。
そこで、スキンケアと施術だけでなく、かなり厳しい食事制限も頑張って4ヶ月間耐え抜いてくださいました。
その結果、無事にご希望が叶えられ、私も鳥肌が立つほど嬉しかったです。

いかがですか?
きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。

そのためにもまずあなたが苦しんでいるアトピー性皮膚炎について
理解しておく必要があります。
web-btn-04

そもそもアトピー性皮膚炎とはどういう症状なのか?

アトピー

アトピー性皮膚炎の定義(概念)

「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

アトピー素因

1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれ、あるいは複数の疾患) 2)IgE抗体を産生し易い素因。

【アトピー性皮膚炎の診断基準】

そう痒
特徴的皮疹と分布
(1)皮疹は湿疹病変
・急性病変:紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮。
・慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮。

(2)分布
・左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹
・参考となる年齢による特徴。
乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。
(3)慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする

上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、年齢や経過を参考にして診断する。

【除外すべき診断】(合併することもある)

  • 接触皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 単純性痒疹
  • 疥癬
  • 汗疹
  • 魚鱗癬
  • 皮脂欠乏性湿疹
  • 手湿疹(アトピー性皮膚炎以外の手湿疹を除外するため)
  • 皮膚リンパ腫
  • 乾癬
  • 免疫不全による疾患
  • 膠原病(SLE、皮膚筋炎)
  • ネザートン症候群

【診断の参考項目】

  • 家族歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎。アトピー性皮膚炎)
  • 合併症(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎)
  • 毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚
  • 血清IgE値の上昇

【臨床型(幼小児期以降)】

  • 四肢屈側型
  • 四肢伸側型
  • 小児乾燥型
  • 頭・頸・上胸・背型、痒疹型
  • 全身型
  • これらが混在する症例も多い

【重篤な合併症】

  • 眼症状(白内障、網膜剥離など):とくに顔面の重症例
  • カポジー水痘様発疹症
  • 伝染性軟属腫
  • 伝染性膿痂疹

引用:日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について

病院や鍼灸院、整体院での一般的な対処法

アトピー性皮膚炎で病院や鍼灸院、整体院に行くと一般的な対処法として以下のような方法が取られます。
■ステロイド剤を塗る
■プロトピックを塗る
■抗ヒスタミン剤を塗る
■抗アレルギー薬/ステロイド薬を飲む
■首やお腹、症状の出ているところに針灸をする
■頚椎の矯正をする
というものがあります。
ですが、なかなかこれだけでは改善しないのが実情です。

では、どうしてあなたのアトピー性皮膚炎は改善しないのでしょうか?

なぜなら、アトピー性皮膚炎の本当の原因は体内にあるからです

アトピー性皮膚炎の原因は炎症物質の蓄積と免疫異常?

  • アトピー性皮膚炎の原因は、
  • 1、油と余分なタンパク質
2、リンパ球Th1細胞に対するTh2細胞優位 と言われています。 th1th2  

アトピー性皮膚炎の本当の原因(私の見解)

扁桃リーキーガット  

アトピー性皮膚炎のほとんどの基本的な原因は体内にあります。

そして、そのほとんどは扁桃の弱体化リーキーガット症候群に起因する免疫異常だと考えます。

免疫機構が身体の中から改善されていくと自然と脱ステロイドが可能になると考えます。

ではなぜ当院ではアトピー性皮膚炎に対応することが出来るのか?

アトピー性皮膚炎を《分子栄養学/血液検査》で分析します

アトピー素因のある私自身の分析だと・・・
2017年の私の場合は肝臓疲労と血糖コントロールがうまくいっていないのかな?と考えられます。
スクリーンショット 2018-07-04 11.11.01
また、私は幼少期は菖蒲湯にすら入れないほどの敏感肌でした。
湘南の海は、海に入った部分が全て被れるという悲しい経験も・・・。
その他、自覚症状として副腎疲労とリーキーガット症候群、機能性低血糖などなどがありましたが、血液検査と有機酸検査を照らし合わせると「なるほどな〜」と頷けるデータが出ていました。
スクリーンショット 2018-07-04 14.35.18
東洋医学での診断(弁証)を、分子栄養学で分析するとより的確な施術が行なえると考えます。
※血液検査等は施術上必要な情報を確認するためのもので、医師の診断行為に当たるアドバイス等は致しませんのでご了承ください。診断をご希望の方は、提携先のクリニックを紹介いたします。
※分子栄養学基礎セミナーは不定期で開催予定です。血液検査の見方など興味のある方はメールでお問い合わせください。

当院では、細胞レベル・臓器レベルで原因を追及します

スクリーンショット 2018-06-13 8.41.20 症状・病状の出現には、いくつかの段階があります。
①[細胞レベルでの機能低下]

②[臓器レベルでの機能低下]

③[自然治癒力の低下]

に繋がり、治りにくい身体になっていきます。

ここで肩こりや腰痛、便秘や冷え性など体の声に気付かず放置していると
④[発病]
という形に繋がると考えます。
どの状態でも、根本原因は①[細胞レベルでの機能低下]=ミトコンドリア機能の低下なので、ここにアプローチする事が現在、最も優れた治療法だと考えます。
  その結果、多くのアトピー性皮膚炎にお悩みの方を改善に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

施術料金

初診料:2,700円税込)
可能でしたら血液検査等のデータをお持ち下さい。(※任意)あなたの今の状況を細かくカウンセリングさせて頂き、原因を特定するための徒手検査を徹底して行ないます。
カウンセリングには30分ほど掛かります。そのために初診料として頂いている料金です。

施術料:8,100円(税込)
あなたの身体を優しい整体で調整します(おおよそ45分前後)
どれだけ良いと言われても、「実際行ってみないと分からない」って言うのが本音のところですよね?
そこで当院と初めてのご縁を繋ぐための特典を用意しました。
yajirusi_gra1_red BhnVDW_Bd8QRn6Z1529020030_1529021229   web-btn-04

当院が選ばれているの理由

1−1、『分子栄養学』に精通しています

分子栄養学実践講座8期卒業
あなたの症状・疾患を分子レベルで科学的に読み解きます。
人は60兆個の細胞からできています。
細胞やミトコンドリアから分子に着目することで、目に見えない病気の原因を突き止めることができます。

1−2、『血液検査』からあなたの不調の本当の原因を読み解きます

スクリーンショット 2018-06-14 16.39.21
分子栄養学の観点から血液検査を解析することにより、精神的な問題から肉体的な問題まで読み解く精度が上がると考えられます。
※スタッフの血液検査を元にケースワークを行なっています。

2、『頭蓋骨・内臓調整』で、現代人特有の不調にアプローチできます

スクリーンショット 2017-08-16 15.07.53
70年前の日本ならまだ空気も水も食べ物もそれほど汚染されていませんでした。そのため肉体疲労による不調が多かったと想像できます。

ですが、現代では放射能・化学物質による汚染もありますし、野菜の栄養価も桁違いに落ちています。そのため、細胞レベル・内臓レベルでの機能低下を視野に入れなければなりません。よって現代人には脳や内臓調整が必須と考えます。

3、『4種類の特殊鍼』を駆使し、多角的にアプローチできます

【特殊針】
普通の針(毫針ごうしん)はもちろんのこと、一般的には扱わない『巨針こしん』や『刺絡しらく』『火針かしん』や『金針きんしん(刺さない針)』などの多種多様の針を用いてあなたに最適な治療をお届けします。

施術の流れ

問診表 qstC_spFiyQWzyH1527000028_1527001839 施術 3sIS2x1MqgCwmEc1527045610_1527048974 web-btn-14-10

当院へのアクセス情報

所在地〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-41-2アトラス自由が丘201
駐車場近隣にコインパーキング多数あり
電話番号090-5589-6903
予約※完全予約制(ホームページ・お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜・祝日

back_to_top